脱毛ニュース

家庭用脱毛器の効果は?サロンより効果的な正しい使い方も解説します

投稿日:

家庭用脱毛器の効果は?サロンより効果的な正しい使い方

家庭用脱毛器は、サロンや医療脱毛と比較してどの程度の効果があるのでしょうか。

家庭用脱毛器で脱毛効果が感じられるまでの期間や、家庭用脱毛器の出力によって変わる脱毛効果について、徹底調査しました。

また、サロンと同レベルの機能を持った家庭用脱毛器が増えていることから、サロンより効果的に活用できる正しい使い方も解説しています。

家庭用脱毛器を検討する際の参考にしてください。

家庭用脱毛器の効果は?どこまで毛が薄くなるの?

家庭用脱毛器は、どこまで毛を薄くすることができるのでしょうか

家庭用脱毛器は、どこまで毛を薄くすることができるのでしょうか。
その効果と、毛が薄くなるまでの期間を見ていきましょう。

どのくらいの期間でどこまで毛が薄くなる?

家庭用脱毛器は照射レベルを自分で調整できるのが魅力ですよね。
脱毛効果を感じられるまでの期間は、その照射レベルによっても変わってきます。

家庭用脱毛器の口コミを調査すると、1ヶ月程度で毛が薄くなってきたと感じている人が多い傾向にありましたが、具体的には照射レベルの違いによってどのくらいの差があるのでしょうか。

痛くない脱毛をしたいAさんと、強い出力で早く効果を出したいBさんの脱毛期間を比較してみましょう。

(1)痛くない脱毛をしたいAさんの場合

痛くない脱毛をしたいAさん(20代女性)は、比較的痛みが少ない光(フラッシュ)方式の「ケノン」で脱毛しています。

意外と即効でした!
毛が生えてこなくなるまで半年くらいかかるんだろうな~~と思っていました。

購入してからもう少しで2ヶ月ですが、腕と指は2回目から1ヶ月放置していても生えてきてません。
(エクストラを装着、初回からずっとLevel5で2週1回のペースで3回やりました。)

◎1回目→毛が生えてくるまでの時間が延びた。
剃っていた時は4~5日でまた生えていましたが、1回目の脱毛で私の場合2週間は毛が出てきませんでした!

◎2回目→毛が薄くなっている!
2回目を終えてから2週間後に毛は生えてきましたが濃い毛は薄くなっていました。
しかもここで足よりも毛が薄かった腕と指は、完全に毛穴も見えず毛も生えてなかったので、3回目は足だけに。

Aさんは2週間に1回のペースでケノンの照射レベル5で脱毛した結果、2ヶ月後には毛が薄くなっている効果を感じています。

ケノンは照射レベルを1〜10まで調整できるので、照射レベルを上げれば更に効果がアップするかもしれません。

家庭用脱毛器なら2週間に1回という短期間で脱毛ができるので、光(フラッシュ)方式でも比較的早く効果が感じられるようです。

※実際にケノンを使用した人のレビューを参考にしています。

(2)強い出力で早く効果を出したいBさんの場合

強い出力で早く効果を出したいBさん(30代女性)は、レーザー方式の「トリア」で脱毛しています。

トリアを始めて約1ヶ月が経ちました。
私は、毛が太くて多くて1つの毛穴から3本同時に生えているのは当たり前の毛深さでした。

脱毛エステにも行ってましたが、お店では2ヶ月に1度でほとんど効果なし!
もう何年もかけて毛をなくすなんて待てないよ!!と毎日イラ立ってましたが、ネットでトリアを発見して即購入!

早く毛をなくしたいので、始めから痛いのを覚悟でレベル5でしかやりませんでした。
1日1パーツと決めて、1パーツ充電が切れるまでレベル5で約680発やりました。
もちろん冷やしながらです。

VとIはかなり痛かったけど、1回で効果を感じました!!
2回やったところで、毛が生えてくるのが遅くなりました。

みんなは口周りや指の毛は痛くないと書いてあるけど、私は痛かった。
でも、この毛がなくなると思えば頑張れます!

効果を早く得たい方は始めからレベル5でやったほうが1ヶ月で毛の良が3分の2は減ります。
かれこれ1ヶ月たった今、Vラインはきれいにツルツルになってきました!
エステに通うより断然早くてラクです!

Bさんは1日1パーツと決めてトリアのレベル5で脱毛をスタートし、1ヶ月後には脱毛効果を感じています。

さらに、VラインとIラインは1回の脱毛でも効果を感じられていて、2回目の脱毛以降は毛が生えてくるのが遅くなったという実感もあります。

やはり脱毛時の痛みは感じているようですが、その分効果が現れるのが早い傾向があるようです。

まとめると、正しい使い方をすれば、光(フラッシュ)方式の家庭用脱毛器は2ヶ月程度、レーザー方式の家庭用脱毛器は1ヶ月程度で毛が薄くなる効果が期待できるということです。

※実際にトリアを使用した人のレビューを参考にしています。

家庭用脱毛器の出力方式によるパワーと脱毛効果の違いとは?

家庭用脱毛器の出力方式によるパワーと脱毛効果の違いとは?

家庭用脱毛器には数種類の出力方式があります。
それぞれのパワーと脱毛効果をチェックしてみましょう。

(1)レーザー式

家庭用脱毛器で採用されているレーザーは、「トリア」のダイオードレーザーが代表的です。

レーザー式の特徴は、

  • 医療脱毛にも採用されている方式なので永久脱毛に近い効果が期待できる
  • フラッシュ式よりも出力が強いので痛みを感じる可能性がある
  • 毛が抜け落ちるまでに数週間かかる傾向がある

などです。

家庭用脱毛器を選ぶときに効果を重要視する場合にオススメなのが、レーザー式です。

ダイオードレーザーは米国の厚生労働省であるFDAに認可されていて安全性もありますが、家庭用脱毛器でFDAに認可されているのはトリアのみなので選択肢は少ない脱毛方式です。

(2)光(フラッシュ)式

光(フラッシュ)式は「ケノン」や「光エステ」に採用されていて、選択肢が多い脱毛方式です。

光(フラッシュ)式の特徴は、

  • 脱毛サロンでも採用されている方式
  • レーザー式より出力は弱いので脱毛効果を感じるまでに時間がかかる
  • 広範囲で照射できる脱毛器が多いため処理が楽
  • 照射レベルを調整すれば痛みを感じにくい

などです。

レーザー式ほどのパワーはありませんが、脱毛サロンに近い脱毛をすることが可能です。
また、レーザー式に比べて痛みを感じにくく、手軽に脱毛できることがメリットです。
選択肢も多いので、より自分に合った脱毛器が見つけやすい脱毛方式です。

(3)サーミコン式

サーミコン式は「ノーノーヘア」に採用されている脱毛方式です。

サーミコン式の特徴は、

  • 表面の毛のみを除毛するため毛根の脱毛効果はない
  • 毛先を丸くカットするためカミソリで剃るより良い
  • レーザー式、光(フラッシュ)式よりもスピーディーに処理できる

などです。

脱毛サロンや医療脱毛に近い出力の家庭用脱毛器も増えてきているため、本格的な脱毛としてレーザー式や光(フラッシュ)式を選ぶ人が多い傾向もあります。

ただし、毛根を刺激するのが怖い、家庭でレーザー式や光(フラッシュ)式の脱毛器を使うことに不安があるという人にとっては、使いやすい脱毛方式です。
カミソリやシェーバーよりも毛先が丸く処理されるので、チクチクしたストレスがなくなるメリットがあります。

サロン・医療脱毛と家庭用脱毛器の脱毛効果は何が違うの?

サロン・医療脱毛と家庭用脱毛器の脱毛効果は何が違うの?

家庭用脱毛器の効果は、脱毛サロンや医療脱毛と比べてどの程度違いがあるのでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。

(1)医療脱毛の効果とメリット・デメリット

医療脱毛は一回の脱毛で得られる効果が一番高いことが特徴です。

私も医療脱毛を経験していますが、サロンのように何度も通う必要がなく、医療機関で脱毛できることにも安心できました。

医療脱毛のメリット
・一度の脱毛効果が高い
・医師免許有資格者のみが担当するため安心
・永久脱毛ができる
医療脱毛のデメリット
・料金が高い
・予約と通う手間がある
・痛みを感じる場合がある

メリット・デメリットはそれぞれありますが、本格的に永久脱毛がしたい!ということであれば、医療脱毛が適しています。

(2)サロン脱毛の効果とメリット・デメリット

サロン脱毛は医療脱毛に比べると脱毛効果を感じるまでに時間がかかりますが、痛みを感じにくいことが特徴です。

サロン脱毛のメリット

・医療脱毛に比べて痛みを感じにくい
・医療脱毛に比べて価格が安い
・脱毛処理をエステティシャンに任せられる
サロン脱毛のデメリット
・一回の脱毛効果が医療脱毛に比べて弱いため効果を感じるまでに時間がかかる
・予約と通う手間がある
・永久脱毛はできない

サロン脱毛は痛みが少ないというメリットがありますが、効果を感じるまでに時間がかかる上に永久脱毛は期待できません。

永久脱毛ができる医療脱毛で使われているレーザーは高い出力で、医師免許を持っている人しか使用することができないのです。

サロン脱毛でも毛が生えてくるスピードは遅くなりますし、毛の量もかなり減りますが、永久脱毛ができるわけではないのに通う手間がある点はデメリットです。

(3)家庭用脱毛器の効果とメリット・デメリット

家庭用脱毛器はレーザー式、光(フラッシュ)式、サーミコン式などさまざまな種類があり、購入すれば脱毛器が自分のものになるためコスパが高いことが特徴です。

家庭用脱毛器のメリット

・価格が安くてお得
・いつでも好きなときに脱毛ができる
・人に見られないので恥ずかしくない
・家族や友達と一緒に使える

家庭用脱毛器のデメリット
・自分で脱毛処理する手間がある
・医療脱毛に比べると効果を感じるまでに時間がかかる
・永久脱毛はできない

家庭用脱毛器は医療脱毛やサロン脱毛に比べてかかる費用が格段に安く、好きなタイミングで脱毛できることがメリットです。

サロン脱毛と同じく永久脱毛は期待できませんが、サロン脱毛に通うのであれば、正しい使い方で家庭用脱毛器を使った方が早く効果が感じられる場合もあります。

サロンより効果的に脱毛できる家庭用脱毛器の正しい使い方とは?

サロンより効果的に脱毛できる家庭用脱毛器の正しい使い方とは?

医療脱毛、サロン脱毛、家庭用脱毛器の違いがわかってきましたが、サロンより効果的に家庭用脱毛器を使うためにはどのようなポイントに注意するべきなのでしょうか。
家庭用脱毛器の正しい使い方をチェックしていきましょう。

脱毛スケジュールを立てる

脱毛スケジュールを立てる

まずは、脱毛スケジュールをたてましょう。

医療脱毛やサロン脱毛の場合、次の予約まで期間が空いてしまったり、通う手間があって先送りにしてしまうこともありますが、家庭用脱毛器は帰宅後でも脱毛ができます。

このメリットを有効に活用してスケジュール通りに脱毛することが、効果を高めるためのポイントです。

家庭用脱毛器の効果的な脱毛頻度とは?

家庭用脱毛器で脱毛をはじめてから、最初の間は2週間に1回程度の頻度で脱毛することがオススメです。

だんだんと毛の量が少なくなってくるので、毛周期に合わせて1ヶ月に1回程度に変えていきましょう。

脱毛器によって推奨している頻度は多少違うので、使用前に説明書を確認してください。

部位別に脱毛頻度を変えると脱毛効果が高まる?

毛周期は部位によってそれぞれ異なります。

そのため、部位別に脱毛する頻度を変えると、さらに脱毛効果が高まることが期待できます。

一番効果的なのは、自分で毛の生え具合を見ながら、生えそろった段階で脱毛処理を行うことです。

照射前に脱毛部位を綺麗に剃ることで脱毛効果をアップできる?

照射前に脱毛部位を綺麗に剃ることで脱毛効果をアップできる

家庭用脱毛器で脱毛する前に、脱毛する部位の毛を剃る必要があります。

脱毛する際に毛が見えるほど生えていると毛根までレーザーや光(フラッシュ)を届けることができないため、脱毛効果が下がってしまいます。

一方で、脱毛する直前に剃りすぎるのも黒いメラニン色素に反応しにくくなってしまう場合があります。

そのため、脱毛する日の前日の夜に剃っておくことが一番効果的です。

脱毛部位の毛を剃るタイミングにも注意して、脱毛効果を高めましょう。

照射前に脱毛部位をしっかり冷却して最高レベルで照射する

照射前に脱毛部位をしっかり冷却して最高レベルで照射する

家庭用脱毛器は照射レベルを調整できるものが多いですが、やはりレベルは一番高く設定することが効果的です。

しかし、痛みを感じるのに無理をして照射レベルを上げるのは逆効果です。
肌が赤くなるなどのトラブルになる可能性もあるので、注意してください。

そこで、痛みと肌への刺激を抑えながら照射レベルを上げるために、丁寧に冷却をすることが有効です。

脱毛部位の効果的な冷却方法とは?

家庭用脱毛器にはそれぞれクールパックが付属されていますが、小さなものもあります。

付属のものだけだと狭い範囲でしか冷却ができないので、冷却用のクールパックは別に用意しておくことがオススメです。

広い範囲で冷却ができて、柔らかい質感のものだと肌に密着させることができるので冷却しやすいですよ。

脱毛部位を丁寧にアフターケアする

脱毛部位を丁寧にアフターケアする

サロン脱毛では、脱毛後のアフターケアのクリームを選べる場所も増えてきていますよね。

家庭用脱毛器でお得に手軽に脱毛できる分、アフターケアは自分で丁寧に行う必要があります。

脱毛後の肌は見た目よりもダメージを感じていることもあるため、アフターケアを抜かしてしまうと後で肌トラブルになったり、結果的に脱毛が遅れてしまう場合もあります。

丁寧なアフターケアをすることで脱毛後の美肌にもつながりますので、忘れないようにしましょう。

家庭用脱毛器を使うときの効果的なアフターケアとは?

脱毛後の肌は乾燥しているので、保湿がとても重要です。

普段から使っているボディクリームをたっぷり塗るのも良いですが、「馬油」を取り入れるのも有効です。

馬油は保湿効果が高いことはもちろん、火傷や肌荒れにも効果があるため、家庭用脱毛器で熱を与えた後の肌に効果が期待できます。

馬油は薬局にも置かれているので、さまざまな保湿クリームと比較して気に入ったものを選んでください。

家庭用脱毛器の比較や口コミについては、『ケノンvsトリア!家庭用脱毛器の口コミ&人気調査』で詳しく紹介しています。

それぞれの特徴があるので、自分に合った使いやすい家庭用脱毛器を見つけてください。

まとめ

家庭用脱毛器の効果と、サロンより効果的に脱毛するための正しい使い方について解説してきました。

医療脱毛、サロン脱毛、家庭用脱毛器にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

特徴を知った上で家庭用脱毛器を使いたいと考える場合には、サロンより効果を感じられるように正しい使い方をしましょう。

おすすめ記事

みてみて!私の試した家庭用脱毛器はコレ!! 1

ケノンvsトリア!家庭用脱毛器の口コミ&人気調査 家庭用脱毛器って、聞いたことありますか? サロンに行かずに自分の好きな時に脱毛ができるなんてとっても簡単ですよね。 そんな家庭用脱毛器も安い買い物では ...

-脱毛ニュース

Copyright© 脱毛器おすすめランキング百科 , 2019 All Rights Reserved.